2018年8月14日火曜日

内科 Summer Festival 2018:08月09日(木)

今年の夏は・・・ 暑いですね。
この週末は昼間からビールを呑む機会もあったのですが(親としてはちょっと反省事案もあり)
みんなで宴会をすると楽しいですね!
7月分の総合内科呑み会のUpが遅れていますが、
先週、恒例の 内科 Summer Festival が開催されました!
内科以外をローテートしている初期研修医の先生も集まって、
宴会芸をしてくれていました!:衣装も揃ってますね!
病棟の看護師さんも艶やかな 浴衣姿+男性 介護福祉士さんもカッコイイ浴衣で参加!
写真を撮っていないのが残念・・・
というのも、体調不良で早退・・・だったのですが、
定番のカラオケもあって、盛り上がった会だったようです。
こういった機会を通じて、交流が深まるとイイですね!

今回の仕切りは 長谷部 仁美先生:参加された皆さまもお疲れさまでした!

今回の関連タイトルは、「 呑み会、内科Festival 」です。興味があれば下記をクリックして下さい。

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2018年8月13日月曜日

臨床研修屋根瓦塾KYOTO 2018 ~京都で学び 京都で教える~:07月28日(土)

夏の暑い時期に、外で遊ぶことは、大人にとっては相当辛いですね。
そんなときは、室内で勉強 = 塾に行くのがいいですね!
コジツケですみません・・・
毎年行われている京都府医師会主催 の 臨床研修屋根瓦塾に今年も参加! 
※ 懐かしい顔ぶれは、過去のBlogからどうぞ!   
今年度 当院からは、
初期研修医として
 天野 佑美先生・長谷部 匡毅先生・小原 知也先生・河合 紘平先生 
 
指導医として
 長谷部 仁美先生勅使河原 学先生奥村 能城先生 が参加:ありがとう!

スタッフとして、当院スタッフ+OBも 相当数参加されていたようです。
 
参加された皆さま、お疲れさまでした!
  
今回の関連タイトルは、「 京都府医師会 」です。興味があれば下記をクリックして下さい

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp 

2018年8月11日土曜日

【院内学術誌】:市立福知山市民病院医学雑誌:第3巻:2018

7月下旬からBlog更新が滞っていてすみません:滞りネタから始まるコトが多いですね。
個人的には、7月末から夏季休暇をいただいていて、それまでに溜まった仕事を極力終結!
 → オモイッキリ、リフレッシュしたあとの1週間で、ようやく追いついてきたところです。
休暇先では、思わぬ遭遇未遂事件もありましたが、無事に帰宅。
久し振りにPCを一切触らない数日間(といってもスマホがあるので、ちょっとメールチェックはしちゃいますが・・・)は、
新鮮でした
が、恐ろしい数のメールと仕事が残って・・・ 現実と向き合う・・・のは皆一緒ですね
:これから夏期休暇の方もリフレッシュして下さいね!

さて、帰ってきて、机の上に置かれていて嬉しかったものが1つあります!
院内学術誌の第3巻です!
今回は総合内科の関与は一編のみでしたが、田所 学先生にまとめていただきました!
 
田所 学、石田 正高、川島 篤志 
多職種による包括的アプローチにより
終末期・間質性肺炎患者の重篤な呼吸困難を緩和できた1 例:p.31-36
 
また、消化器内科の先生方の指導で、初期研修医の執筆もありました。
廣田 理峰他
Heyde 症候群の一例:p.53-56
 ※ 廣田 理峰先生は現在、地域研修で当院に戻ってきてくれていますね!
 
また、研修医の先生のCPCのまとめあります
久瀬 雄介ほか
入院中に徐脈発作を繰り返した洞不全症候群の剖検例:p.75-81 
 
院内ポータルサイトには掲載されているので、
院内の方は下記の論文をそれぞれ閲覧できますので、ぜひ見て下さい!
 
既に第4巻に向けての動きもありますが、こういった機会は重要と思います:特に若手~中堅。
総合内科もまた関わっていけるといいので、頑張りましょう! 
執筆に関わられた皆さま、お疲れさまでした! 
 今回の関連タイトルは、「 院内学術誌、執筆関係 」です。
興味があれば下記をクリックして下さい

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp 

2018年8月9日木曜日

再掲!:【勉強会の案内】福知山で総合診療を実践しよう!:08月25日【土】→26日【日】

※ 2018年08月09日に更新しました:時間割変更
 
実は当院主催で、過去に色々な勉強会をしたことがあります。
 感染症IDATEN Summer Seminar:2013年度
 集中治療京滋クリティカルケア・ヤングアカデミー in 福知山:2015年度
   リンク先が・・・わからなくなっちゃいました
    セミナー翌日に特別院外講師で来ていただいた北野 夕佳先生の記事はこちら
 総合診療GPEP 6 in 福知山:2010年度:http://gpepws5.blogspot.com/2010/07/blog-post_24.html
 
上記は、既存の勉強会をこの地域で開催した・・・ものになります。
また、個別の院内勉強会はずっとしてきています。
今回は、リクルートも念頭において、
当院・当地域での総合診療 を考えてもらえるような
自施設開催の勉強会を企画しました! 


集合は、土曜日の午後:14時15分@当院 (14時前後にJR福知山駅着で可能)
 京都や大阪からのアクセスも考えて、無理のない時間設定にしています。
  ※ もしかしたら、この部分は後日、充実させるかも・・・です:FBにはアクセス載せています。
 ★ 福知山が地元の方は・・・前日入りして、ご実家でユックリ・・・のパターンも考慮しています。

 ※ 電車・バスのアクセスも考慮しての時間設定です:参加者には詳細をお伝えしますので
ご安心を!

さて、勉強会の内容ですが・・・
 ◆ 総合診療的診断クイズ
  総合診療の得意分野の1つをQuiz形式で!
  景品付き!になる予定! スタッフが選りすぐりの症例をアレンジ? 

 ◆ 身体所見小テスト(前半戦) 
  これは知っている人も多いかもしれませんが、定番WSです
  ※ 以前のBlogも参考に:http://fukugim.blogspot.com/2014/03/by-0327.html
  ★ 身体所見の小テストを集中して受けれるように、前半戦・後半戦と分けました

 ◆ 総合診療をワールドカフェ方式で語ろう!
  こういった形式で自由に話すことで、
総合診療としてのアイデンティティを見つめるコトができるかも?
※ 過去に当院でGPEPという集まりをしたこともあります
※ 医学界新聞の記事も参考に:http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02800_04

懇親会はいつもの名店を予定!

宿泊は、地元の方は実家に戻られてもいいと思いますし、
有志で福知山温泉にGo!という計画も練っています! 
26日【日】は

 ◆ 胸部CT Rally Special ver.
  こちらも定番の勉強会です:http://fukugim.blogspot.com/2017/11/ct-20171125.html
  内容をギュギュっと濃縮予定!

 ◆ 身体所見小テスト(後半戦)

【時間があれば】
 ◇ 当院オリジナルの 問診票・パンフレットを活用してみよう!
 ※ 咳問診関連かがん検診パンフレットか、参加に選択してもらう予定

  川島自身はコレ系の講演もしていますが、咳問診票は当院の売りです!
  JPCAの発表:http://fukugim.blogspot.com/2017/05/pc051214.html
            http://fukugim.blogspot.com/2017/09/part2-0512-1417.html

総合診療的な勉強 + 交流ができる 楽しいイベントに仕上げたいと思っています。
 病院としても応援していただけると伺っています!:公認イベント!

実はFBのイベントとしてもアナウンスをはじめています!

福知山・北近畿・関西にゆかりのある方
  総合診療に興味をもっている若手~ベテランの方
(もともと別の専門領域をもっておられる方)に
是非、来福いただけたらと思っています。

興味のある方は、お気軽に連絡下さいね!:
kawashima-a@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

今回の関連タイトルは、「 院内勉強会 」です。興味があれば下記をクリックして下さい
 
***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2018年7月25日水曜日

【商業誌】 病院で輝く総合診療医

当Blogの右側には、タイトル別 というものがあります。
今回は 執筆関係 の商業誌版ではあるのですが、ちょっと特別版で勝手させてもらいます。

川島が編集した書籍・・・ではあるのですが、
病院総合医がどういった視点でどういったことをやるのか、
という書籍を創り、多くの方に知ってもらえたら・・・と思っての紹介です。

総合診療専門医シリーズ 最終巻
です。
 ※ ネット通販大手では、瞬間風速的に ある分野の 第7位 になっていたと思います(大して上位でもないかも?)

総合診療系の活き活きと活躍している先生方やベテランの先生、
また総合診療と関わりの深い領域の著名な先生方にも執筆いただきました。
※ 当院に院外講師で来福いただいた先生にも多数依頼。
当院 在籍医師やOB/OGにも協力を頂きました:編集会議にも複数参加:ありがとう。
大江分院 医局 には「まんが めざせっ 総合診療専門医」も蔵書としてありますので
お時間がありましたら、ぜひどうぞ
目次をList upさせていただきましたが、ピン!と来る項目はどれだけありますか?
(以下、執筆者の敬称略:すみません)
序文 川島 篤志
総論
 1. 総論:川島 篤志
 2. 歴史的背景:小泉 俊三
 3. 病院で働く総合診療医:林 寛之

総論の3つは、病院総合医のことをあまり知らない方には是非読んで欲しい部分です!

教科書的ではないけれど、実臨床ではよくある症例をもちいて
7つのCaseをもとに、病院総合医の役割を綴っています

Case① 初診外来から入院:尿路感染症
 ① 導入部(状況設定):田所 学,川島 篤志
 ①-1 入院患者のマネジメント総論:カルテ記載・指示簿:小坂 鎮太郎,佐藤 直行
 ①-2 「総合診療医」として入院患者へ生活を念頭に置いたケアを提供するために:木村 琢磨
 ①-3 がん検診:八重樫 牧人
 ①-4 総合診療医の病棟診療について:北村 大
 ①-5 関連する領域:感染症:大曲 貴夫
 ①-6 患者のその後(転帰):田所 学,川島 篤志

Case② 入院中,整形外科から相談:圧迫骨折→尿路感染症
 ② 導入部(状況設定):片岡 祐
 ②-1 高齢者を診るうえでの最低限の診断:上田 剛士
 ②-2 入院中に起こり得る疾患:佐田 竜一
 ②-3 入院中の高齢者に起こり得る問題:関口 健二
 ②-4a 感染症診療や不明熱診療の病棟コンサルト:廣澤 孝信,志水 太郎
 ②-4b 大病院でのコンサルト:山田 康博
 ②-4c 小病院でのコンサルト:仲田 和正
 ②-5 患者のその後(転帰):片岡 祐

Case③ 特養からの救急搬送:誤嚥性肺炎
 ③ 導入部(状況設定):川島 篤志
 ③-1 主治医あて:川島 篤志
 ③-2 特養,老健とのかかわり:本村 和久
 ③-3 ベッドサイド回診:須藤 博
 ③-4 リハビリテーション:若林 秀隆
 ③-5 横断的チーム(NST,感染ICT)を依頼されたら:鈴木 諭
 ③-6 臨床研究:青木 拓也
 ③-7 患者のその後(転帰):片岡 祐

Case④ 新患外来:リウマチ性多発筋痛症(PMR)
→ 巨細胞性動脈炎(GCA)
④ 導入部(状況設定):和田 幹生
 ④-1a 初診外来について:金城 紀与史
 ④-1b 大病院での初診外来:鋪野 紀好,生坂 政臣
 ④-1c 小病院での初診外来(特に新患外来)の特殊性:朴澤 憲和,上山 泰男
 ④-2 臨床推論:和足 孝之
 ④-3a 自施設で対応できない疾患の対応:片岡 祐
 ④-3b 稀ではない疾患,未診断の時の対応:片岡 祐
 ④-4 症例発表,学会,執筆:高田 俊彦
 ④-5 膠原病と総合診療医は相性が良い:石野 秀岳
 ④-6 生涯教育(いろんな会への参加):吉野 俊平

Case⑤ 引き継いだ予約外来:COPD
 ⑤ 導入部(状況設定):和田 幹生
 ⑤-1 病院総合医の予約外来:岸田 直樹
 ⑤-2a 病院総合診療外来での引き継ぎの質を高めよう:佐藤 健太,大久保 彩織
 ⑤-2b アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning:ACP):許 智栄
 ⑤-2c 予防医療:向原 圭
 ⑤-3 特殊外来(禁煙外来)をまかされたら:松本 真一
 ⑤-4 小児期からのトランジション,希少疾患の対応:高村 昭輝

Case⑤' 入院中:COPD急性増悪で気管挿管,ICU入室
 ⑤' 導入部:和田 幹生
 ⑤-5 集中治療:植西 憲達
 ⑤-6 多職種カンファレンス:川口 篤也
 ⑤-7 患者のその後(転帰):和田 幹生

Case⑥ 13歳男子が下腹部痛で救急搬送 → 精巣捻転
 ⑥ 導入部(状況設定):片岡 祐
 ⑥-1a 日中,時間外救急:浅川 麻里
 ⑥-1b 大病院での救急:北野 夕佳
 ⑥-1c 小病院での救急:青木 信也
 ⑥-2a 頻度の低い非内科系緊急疾患:安藤 裕貴
 ⑥-2b 頻度の高い内科系緊急疾患:齋藤 穣

Case⑦ 他施設follow:NSAIDsで感染契機の心不全
 ⑦ 導入部(状況設定):田所 学,川島 篤志
 ⑦-1 専門科との連携,専門医とやりとり:尾原 晴雄
 ⑦-2 薬剤:矢吹 拓
 ⑦-3 多職種連携:患者背景,医療相談(MSW)とのかかわり:小田 浩之
 ⑦-4 病院と診療所との顔の見える関係づくり(院内・地域内勉強会):原田 和歌子
 ⑦-5 緩和ケア(がん/非がん),非がんの看取り:柏木 秀行
 ⑦-6a 在宅小病院:大浦 誠
 ⑦-6b 在宅大病院:西 智弘
 ⑦-7 病院内外の質改善:小西 竜太
 ⑦-8 患者のその後(転帰):田所 学,川島 篤志

コラム
 A:院内勉強会の工夫:大矢 亮
 B:ポートフォリオ:一瀬 直日
 C:キャリアデザインを考える:本郷 舞依
 D:健診業務など「雑務」の話:金井 伸行

自分が編集しましたが、誌面の関係で組み込めなかった項目がいくつかあります。
 教育 と EBM(evidence-based medicine):残念・・・ 
ただ、病院総合医を知ってもらうのには充分な書籍ができたと思います。
もし興味があったら、ぜひ読んで下さい。
 
今回の関連タイトルは、「 執筆関係 」です。興味があれば下記をクリックして下さい

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp 

当院の初期研修医の出身大学と進路:2018年まで

昨日、病院説明会がありました:初の火曜日開催
病院説明会の様子もBlogで掲載していたのですが、以前と同じように写真撮り損ね・・・
個人的には日常業務でどうしても抜けられない状態があって、
長谷部 匡毅先生に代役をお願いしましたが、そつなくこなしてくれて大感謝です!

さて、当院の初期研修医の出身大学について聴かれることがあります。
そういったことも病院選びの情報の1つになるとも言われているので、
現時点でまだ未完成ながら、情報を共有しておきます。

平成19年度以降(= 過去10年 )の初期研修医の出身大学 と
 その後の当院勤務歴について掲載
42名の管理型(定員:4名 →201〇年から 5名) 
36名のたすき掛け型(京都府立医大のコースより:1年目が3人 2年目が0~2人) を
別々に記載します。

【出身大学】:管理型:多い順に
 京都府立医科大学 13名
 神戸大学 4名
 大阪市立大学 3名 福井大学 3名

《1名》:おおよそ北から地域別に
 札幌医科大学、旭川医科大学
 千葉大学、名古屋大学、金沢大学
 京都大学、大阪医科大学、奈良県立医科大学、三重大学、滋賀医科大学
 岡山大学、広島大学、島根大学、鳥取大学、川崎医科大学、香川大学
 大分大学、鹿児島大学
 ペーチ大学

【出身大学】:たすき掛け型 (1年目で来られた方 30名 2年目で来られた方 6名)
  京都府立医科大学 30名
  滋賀医科大学 3名
  独協医科大学 関西医科大学 岐阜大学  

【初期研修→当院 専攻医・スタッフ】
 12名 / 32名(管理型:42名中 10名は現在在籍=1・2年生) たすき掛けからは現時点でゼロ
  ※ うち総合内科関連は5名/8年:他は 消化器内科 循環器内科 麻酔科 救急科 

【初期研修→(他施設勤務後)当院スタッフ経験】
 4名 / 32名(管理型 OB/OG) + 6名 / 32名(たすき掛け型 OB/OG)
  ※ ほぼ医局人事での異動

通算すると、22名 / 64名 が、当院で初期研修を受けて、
その後スタッフ・専攻医で関わってくれていることになります
:過去10年以前にもおられるので、もっとと思います。
初期研修からの継続勤務はとっても力強いですし、
一度関わった方と再会するのは嬉しいものです!
 
※ 受験者の情報は集計は難しいですし、公表するのも違和感がありますので、未掲載

総合内科関連も同様の情報を提供する予定です。

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

【院外講師】 堺市立総合医療センター 呼吸器内科 医長 西田 幸司先生 2018:07 月21日(土)

〇年連続、っていろいろとスゴイことだと思いますが、
院外講師で毎年来ていただいている西田 幸司先生が 10回目の来福!
 ※ 前回のBlogには、記念品を・・・なんて記載があるのですが、スッカリ忘れていました!:すみません
 
今回は、こちらの都合もあって、秋ではなく夏に来福いただきました。
夏休みにはいった最初の休日なので、渋滞にも巻き込まれたかも・・・ですみません。
 
さて、勉強会はいつもと同じ感じで進行。
二次小葉のレクチャー後は、画像の検討会:初期研修医の先生も頑張ってくれましたが、
少し個別の症例になるとちょっとついていくのが厳しかったかも・・・かなと感じました。
 ※ 10時→16時の長丁場:午後から「間質性肺炎」のレクチャーとかも今後リクエストもいいかも?
 
今回は、看護師さんのイベントとも重なったので、
研修室をお借りしてのギュウギュウ感いっぱいの講義

専攻医のOB(平山 健寛先生・久瀨 雄介先生)
 +研修医のOB/OG(崔 哲暢先生・嶋田 恵里先生)の方も参加!
 
昼は(堺Memberのみですが)蔵かつサンド → 夕は(暑いなか)鳥名子 で おもてなし
 
 
 OBにお土産の有無を複数回確認したところ、持参忘れが判明!
後日、堺の銘菓 「 けし餅 」 を送って頂きました!
:樋口 貴俊先生+OBのお二人!+西田 幸司先生:ありがとうございます!
※ どこかに表現の問題があります・・・かね?
 
研修医・総合内科で美味しくいただきました!:ありがとうございます!
 
さて、今年度の院外講師は現時点で下記の予定です
:所属間違いがあるといけないので、現時点ではサラッと・・・紹介。

08月31日-09月01日:感染症・AMR関連
10月12-13日:救急
01月25-26日:呼吸器 ± 臨床研究 の先生方に来福いただきます:とっても楽しみです!

今回の関連タイトルは、「 院外講師 」です。興味があれば下記をクリックして下さい

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp