2017年8月19日土曜日

京都GIM Case14:08月04日(金) → 振り返り:09日(水)

もうお盆も過ぎましたね:暑さも一段落・・・という感じなのでしょうか?
:帰宅する時間は十分涼しく、寝やすくなりましたね。
8月上旬はまだ暑かった・・・と思いますが、このころから睡眠時間が激減・・・でしたが、
その一因が久し振りに自分自身が発表スライド作成をしなければいけない事案が複数・・・
京都GIMカンファレンスは20年続く、老舗の総合診療系の臨床推論カンファンレンスで、
若手~スタッフにとってもハードルの高い発表の1つです。
ただ、今回の症例は、川島しか関わっていない外来症例だった・・・ので、
他の人にお願いするわけにもいかず・・・:自らの発表になりました。
個人的にはスライド作成は苦手(というか面白みのないスライド)で、
相変わらず直前作成で、練りが少し足らなかった・・・のですが、無事に終わりました。
 
今回は 14例目(これから題名にCase〇といれることに)
背景が白で、何の工夫もないスライド・・・すみません
 発表は無事には終わりましたが、議論したい点に理解を示してもらっていない雰囲気
+ちょっと時間コントロールをミスった感じがあったので、ちょっと残念感
:メッセージは伝わったでしょうか?
さらに残念だったのが・・・今回は、福知山からの参加は2名:で1名は京都Stayだったので、
帰りは独り電車での祝杯・・・というか、寝不足で寝ちゃいました・・・
で、福知山に着いてからは、初の丹鉄 福知山乗り換えで、
福知山市民病院口駅最寄りの呑み屋さんで、スタッフと打ち上げていました。
田所 学先生、お付き合いありがとうございました!
さて、翌週の救急カンファ後に、サクっと振り返りを行いました。
次回の発表は・・・もしかすると、放射線科とのコラボ?担当医は初期研修医?

ぜひ、若手も発表して下さいね!
***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2017年8月18日金曜日

新専門医制度 2018年度に向けて:総合診療:08月15日(火)→17日(木)

新専門医制度が2019年度から始まること・・・はどれくらいの方がご存知でしょうか?
2003年から初期研修の制度が変わったときに、
当院はどれくらいの変化を感じた・・・かはわかりませんが、このときも大きな変革でした。
今度の専門医制度は、卒後3年目からの(おおよそ)3年間のプログラムになりますが、
この制度も相当の変化が日本全体に起こると思います。
知っている方もおられると思いますが、1年前にも議論済:http://fukugim.blogspot.jp/2016/04/2017.html
1年遅れで、ようやく動き出しています!
当院にはどんな影響があるのか・・・未知数ですが、
個人的には プラス に働くのでは?と感じています。
詳細を述べるのは難しいのですが、
 ◆ 19の領域
 ◆ 基幹施設 と 連携施設 という考え方が重要になるように思います。

 ★ もしこの制度が安定して、定員が予想通りに動くと・・・
3年後には、3~5年目の医師が本院・分院併せて、常時15人前後在籍することに?
 
川島が理解している範囲では、
 総合内科(当院でいう内科全般) と 総合診療(当院でいう総合内科+大江分院) が
基幹型プログラムをもてるように申請を行っています。
3年間のプログラムですが、
基幹施設 と 連携施設 の少なくとも2つ以上の施設での研修が必要なため
 A:当院(当プログラム)で採用した 専攻医も他施設で研修(2年)
 B:他施設(他のプログラム)で採用された 専攻医が、当院で研修(〇ヶ月~1年)
となります。
ただ、当院のプログラムは、本院と大江分院で構成される予定なので、
ほぼ当院の職員として、3年間研修してもらえることになります:これは大きなコトです!
 ※ 当院の総合内科のプログラムは当院 2年+大学病院 1年の予定
 
さて、そのプログラム申請に至る過程は(愚痴っても仕方ないのかもしれませんが)
ヒドイものでした:詳細は総合内科スタッフに訊いて下さい・・・
 
簡単に言うと、
書類は 21日(月)必着(東京) → 書類の正式な開示は 09日(水)・・・って
しかも、質問はメールのみで、回答に1週間程度いただく・・・って
 
しかも、当院と連携を希望する医療機関が3ヵ所:この書類の対応も必要でした・・・
 
それなりに覚悟していましたが、総合内科の指導医4名が結束して、
他の多くの方にも協力いただいて・・・何とか乗り越えました!
総務課 小野木 睦子さん + 医局アシスタントさん にも大いに助けてもらいました!
事前に準備もしたうえで、
総合診療のプログラムは、救急と小児科が必修なので、
北川 昌洋先生 と 足立 晋介先生にも加わって頂き、15日(火)に全体会議。
そこから一気に頑張りました・・・それでも終了は23時・・・
 
最終チェックを17日の夕方にして、ようやく提出:和田 幹生先生が最後に投函してくれました!

 
さて、プログラムが認定されるかどうかは正式な承認を得ないといけないのですが、
他の医療機関は、次年度に向けて病院説明会的なことをバンバンやっています!
 
当院としては、説明会を開くというよりは、可能な範囲で当院に見学に来ていただいて、
その場で説明をするというのが、おそらく適切なのだろうな・・・と思います。


専攻医はもちろんですが、その専攻医を指導するスタッフや
新3年目でなくても内科や家庭医療、そして病院総合医の研鑽をしたい方が
ドンドン集まって来てもらえたらな、と思っています。
 ※ 日本プライマリ・ケア連合学会の病院総合医HPはこちら:https://pc-hospitalist.jimdo.com/
 ※ 当院は『病院総合医養成プログラム認定試行事業』における
病院総合医養成プログラムに認定されています:病院HPより
 
これからFBやMLなどでも発信していきたいと思いますし、
今年度から関わっているサイトの更新も対応したいと思います!https://career.m3.com/kenshunavi/hospitals/8925 

ちなみに・・・川島が所属している日本プライマリ・ケア連合学会から、
17日に新たなサイトが立ち上げられました。
総合診療医という選択 』:http://sogoshinryo.jp/
(『医師の真髄に挑む一番あたらしい専門医』と紹介されています)
当院のスタッフも出演されていますので、よければご覧下さい!:明日、ご報告しないと・・・

話が長くなりましたが、書類申請に関わって下さった皆さま、本当にありがとうございました!

当院に興味を持たれている方は、ぜひお気軽に見学に来て下さいね!

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2017年8月12日土曜日

【歓送迎会】 Auguest 2017! :08月07日(月)

8月ももう中盤に差し掛かって来た感じですね。
「山の日」絡みの3連休がありますが、全然、休み感がありません
:日常業務の残務+専門医制度の問題も含めて仕事が山積み… 
何とかなるといいのですが…:イヤ、しないとダメなんです!
さて、8月の頭に恒例の歓送迎会!
京都GIMの恒例打ち上げ…がなかったこともあって?(近日中に更新予定)
+専攻医の先生との想い出の地でもあって? 焼肉屋さんに行きました!
7月までのローテートは
管理型2年目の 小野 正詩先生 が 1ヶ月間
管理型1年目の 加来 奈津子先生 が 2ヶ月間
頑張ってくれました!
小野先生は1年目の2ヶ月以来でしたが、
前回の木戸先生と同じく、見違える成長を皆さんが振り返りで伝えていました!
当たり前ですが、成長を目の当たりにできると、指導医としては嬉しいですね!

加来先生もさすがの好評価!
今年度中に総合内科ローテートしてくれるので、次回が本当に楽しみです!
(ハードルをあげても大丈夫ですよね)
8月からのローテートは、廣田 理峰先生!
:決して席の隣同士で比較しているわけではないですが、山脇 満輝先生との差が心配?
というのは冗談で、食事量の圧倒的な差は驚愕でした!:ご飯の○盛×○杯は久々にみました
石田 正高先生は、直明け+誕生日にて不参加
おめでとう!です
また、8月からも(ってもう1/3過ぎましたが)頑張りましょう!
***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2017年7月28日金曜日

内科 Summer Festival 2017:07月27日(木)

 『 内科 』 って・・・ なかなか何を指すのか難しかったりしますね。
『 総合内科 』 ・・・となると、余計わかりにくいでしょうか?
『 総合診療 』 となると・・・
実は医師3年目~5年目対象の専門医制度の変革なされようとしているのですが、
なかなか詳細が伝わってきません
 ※ なかなか重要点が更新されません・・・日本専門医機構HP:http://www.japan-senmon-i.jp/
 
当院としては・・・おそらく以前のBlog記載のように動くとは思うのですが、
なかなか明確にお伝えすることができないです・・・:ジレンマです。
 ★ 2016年04月のBlog記事:http://fukugim.blogspot.jp/2016/04/2017.html
 
さて、そういったなか、当院の 内科 の結束を深めるための恒例の呑み会が行われました。
最近は初期研修医のPerformance カラオケ大会 という流れができているので、
初期研修医にとっては、事前練習が大変だったとか・・・
ムキムキ の入場から、キレキレ (モリモリ?)(クルクル?) のダンス でした!
 ※ 緊急疾患対応で2名が欠場のなか、2年目の 中村 隆久先生がナイスサポートをしてくれました。
 
段取りを仕切ってくれた 大倉 孝史先生も緊急呼び出し:お疲れさまでした!
こういった会を通じて、内科の一体感、施設の一体感が深まるといいですね!
 
【過去のBlog:部分的な記事も】
2016年は・・・ SummerもWinterも書き忘れ?

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2017年7月23日日曜日

棚田 2017:後半戦

先日、NHKの番組に出演させていただいた・・・ので、
院内・院外で声をかけられることが増えました。
少し面白かったのは、病棟でチーム回診で病室にお邪魔したときに、
『 この病院でNHKの番組に出られた方がおられるんですよね~ 』 と、世間話をされました・・・
:実際は、その前の研修医の方の出演が話題の主体にも思いました・・・
Blogのアクセスも気づけは、500,000 を超えました!
:先月はBlog更新が少なかったので、少しアクセス↓ではあったのが・・・すみません
このBlogですが、病院外の方にも読まれているようで・・・
この田植えネタでも盛り上がったりしているとかしていないとか・・・
さて、9月2日(土)→ 3日(日)の Big Event (稲刈り→籾取り)に向けて、
手入れが続いています。
 
分蘖 (ぶんげつ)
:イネ科などの植物の根元付近から新芽が伸びて株分かれすること を確認して、
草刈りをしました。
さらに
中干し (なかぼし)
:イネの生育途中に、田の水を落として地表を乾かすこと。
根に酸素が供給される、肥料の吸収量が調整できるなどの効果がある
も行いました。

これは隣の田んぼの写真ではありますが・・・

06/18は 渡邉 力也先生ご夫妻が2回目の参加!
+岡島 京子先生も直明けに参加してくれました!
掲載許可ありです!
07/15は3人の新人が行ってくれました!(川島は娘の発熱があって・・・すみませんでした!)
久瀨 雄介先生 ・ 小野 正詩先生 の2年目研修医と
7月から総合内科に加わってくれている 山脇 満輝先生!
参加者さんの子供2人と一緒・・・だったのですが
掲載許可の有無がわからなかったので、帽子のみで・・・

08/12・・・は確か当院は担当外? 07/30 と 08/20 に最後の手入れがあったと思います!
ぜひ、稲刈り前に、田んぼを見たい人は参加して下さい!

熱いなか参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2017年7月19日水曜日

Dr.G 出演:川島 篤志:07月19日(水)

連休明けは大変・・・ 仕事が山積みです。
個人的には、今年度、(断りきれない)多くの仕事が重なって相当バテテいますが・・・
その1つだったのが、今回の放送でした・・・
:NHKの番組 ドクターG に出演させていただきました。
今シーズン、医療監修者として2回出演されている 松村 理司先生は、
市立舞鶴市民病院時代の恩師!
どういう経緯かは実はよく知らないのですが、今シーズン、出演の依頼を受けました。

感想は・・・ 大変でした。放送秘話を話したいぐらいですが、こういうのはNGなんでしょうね・・・

当院の研修医やスタッフは知っていると思うのですが、会議でも相当な時間を費やしました。
+ネット会議や撮影前日の打ち合わせなど、こうやって番組ができるのだなぁと感じました。

今回は、現在、大江分院の 片岡 祐先生 も一緒に撮影に臨んでくれました。
6月4日(日)撮影:楽しい2泊3日の東京旅行でした!
さて、放送ですが・・・ 22時25分からでしたが、みんなで観賞してくれました
:途中で医局のTVが何故か切れるアクシデントも・・・
途中でB-CASカードの不具合で・・・TVが見れず
小野 正詩先生の携帯電話で観賞!
当院の看護学校ネタ(放映許可済)も無事に流れていました。
 ※ 最終で自分がチェックした映像とは違う映像もありましたね・・・

症例的には、稀な疾患の診断ではあったのですが、
基本的には、よくある疾患をチャンと診るコト、人・地域を診るコト
が最重要だと思っています。
 ※ 番組的には なかなか使ってもらえないKey wordかもしれません・・・

もし、興味があれば、自分の 決意・覚悟 は下記の動画からどうぞ!
 1:日本プライマリ・ケア連合学会の総合診療医のプロモーション映像:こちら
 2:RDMP「Re:start-私たちの未来への物語」でのPresentation:こちら
一緒に鑑賞してくれた皆さん、ありがとうございました!
【過去の出演】
***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ
連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp

2017年7月18日火曜日

生方 綾史先生 最終講義!:06月29日(木)

今朝方、残念なNewsがありましたね。日野原 重明先生の訃報です。
個人的には、2002年夏に全国の総合内科・診療、臨床研修の有名病院を見学した際に、
聖路加国際病院にもお邪魔して、日野原 重明先生にもお会いしました
:写真を撮る文化はそんなになかったので、一緒の写真はありません。
また、2004年、京都で行われたWONCAという家庭医療の学会でもお姿を眼の前で拝見しました。
日野原先生のお名前がついた「日野原賞」にも、2016年は近づきましたが獲得ならず・・・
次年度以降で、また頑張りたいと思います!
医学教育や総合診療の分野にも大きな影響を与えられた偉大な先生でした。
冥福をお祈り致します。
総合診療の分野はまだまだ歴史が浅いのだと思いますが、
専門医制度がそろそろ本格的に動き出しそうですね
(おしりが決まっているなかで、少しイラついていますが・・・)
そういったなかで、当院の総合内科には、以前○○科で診療をしていたけれど、
ここで、総合内科を研鑽したい!という先生が訪れてくれます!
次年度以降も、当院で一緒に研鑽したい!方を大募集しています!
:募集要項はこちら:本院 分院
 ※ 個人的には、総合〇〇分野で研鑽し続けている稀有な存在かも・・・です:この領域での第4世代とされます。
そのおひとりだった、生方 綾史先生が、2017年06月末で退職されました。
『 元〇〇科 』というのは、わかりますか?
生方 綾史先生が、当院に興味をもってくれたのは、病院総合医セミナー@京都でした。
 ※ 日本プライマリ・ケア連合学会の病院総合医HPにも記載あり:
https://pc-hospitalist.jimdo.com/関連論文/ の一番下にまとめあり:当院の記事もあり:こちら
それから4年+3ヶ月(最後の3ヶ月は当院のために 残ってくれました!:アリガトウ!!)。
専攻医→スタッフとして、大活躍してくれました。
指導医としても後輩たちの憧れのまとだったとか・・・
横断的チームでは、ICTだけでなく、RSTのリーダー格としての振る舞いもありました!
生方 綾史先生の業績は・・・:検索で「生方 綾史先生」と入れたら出てくると思いますが、
代表的なのはParvo B19 Virus感染症、レジオネラ感染症、ESBL産生E.coli の尿路感染など
感染症絡みが多かったでしょうか?
最終日の前日は、呑み会も兼ねての最終講義!
 転向組の先生にとっても、トッテモ勉強になる楽しいスライドでした!
 個人的には3人で撮った面白い写真もあるのですが・・・またの機会に・・・
生方 綾史先生、4年+3ヶ月間 ありがとうございました!

***** 当院 見学希望者の方へ *****
下記のメールアドレスにお名前だけでも簡単に送って頂ければ、
担当者より見学希望日・希望科などの調整の連絡をさせていただきます。
ご気軽にどうぞ!
HP や 見学に関するBlog もどうぞ

連絡先アドレス:kenshu@(アットマークは要変換)fukuchiyama-hosp.jp